資格所有者は時給が高い

ドラッグストアのバイトは未経験者でも採用してもらうことは可能です。基本的な仕事内容は資格や免許がなくても問題ないため、採用後に働く中で徐々に仕事を覚えていきます。たとえば、レジで会計業務を行ったり、商品が不足しないように定期的に補充したりなど、未経験から働き始めたとしても、勤務回数が増える毎にできる仕事は多くなります。求人は店舗の入り口付近に貼りだされていたり、求人サイトに掲載されていたりなど、発見するのは難しくありません。

未経験者よりも経験者の方が高い時給でスタートできる可能性はありますが、医薬品の販売資格である登録販売者という資格を所有していると、より優遇されます。健康食品やサプリメントは資格を所有していなくても販売できます。しかし、風邪薬や鎮痛剤などについては、販売資格のある者だけが販売できると薬事法で決まっています。レジでの会計業務や商品の補充などの通常業務に加え、医薬品の販売も可能なため、資格を持っていた方が高い時給で採用してもらえるのです。(参考:綺麗になれるドラッグストアのお仕事

各地域で最低時給が異なるように、ドラッグストアのバイトの時給にも違いはあります。また、経験の有無という個人差も時給に影響するため、給料については色々な見方があるのは確かです。それでも、国内に存在しているドラッグストアでバイトをする時は、医薬品の販売が可能な資格を所有していることによって時給が高くなるという事実は共通しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP